移動にかかる費用と宿泊の日数で変わる

国内旅行をするとき、通常はそれなりに予定や予算を決めます。十分なお金を持たず行き当たりばったりでいくと現地でお金が足りなくなるなどになるので注意が必要です。では平均的な料金としてどれくらいかかるかです。どうしても行く場所や宿泊する日数が異なると金額が変わります。ただ、メインとなる費用の要素があるので、大体は決められます。移動のための往復費用と、現地で宿泊する日数によって決まってきます。東京から北海道に2泊3日で行くのであれば、格安航空券を使えば往復で1万円から2万円ぐらいになります。宿泊が一泊2万円とすれば4万円になるので、上手くいけば5万円から6万円ぐらいで行けるでしょう。平均的な金額なので、もっと安くもできます。

行く時期によって大きく異なる

定年を過ぎれば、いつでも旅行ができます。わざわざピーク時に行かなくても、閑散期に行けば手ごろに行けます。一般の人は、ゴールデンウィークやお盆、年末年始などピーク時しか行けない人もいるでしょう。国内旅行をするときにどれくらいの費用が掛かるかですが、同じ交通機関を使って同じ宿泊先に同じ日数宿泊するのでも、時期によって大きく異なります。通常の料金だと、2倍近く異なるときもあります。格安航空券を使うと、多少は差を抑えられるかもしれません。格安航空券は、ピーク時でも比較的安く利用できる可能性があるからです。ピーク時に2万円から3万円ぐらいする航空券でも、1万円以下に抑えれるときがあります。ピークでも安く行けるかもしれません。